花烏風月の華麗なる雑記帳

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバックURL 
【 http://elegantia.blog120.fc2.com/tb.php/29-fc543639 】

-件のトラックバック

-件のコメント

[C80]

ロマンチストですねぇ・w・
こちらでも桜満開ですよ。

桜は日本で見るから、
その背景とともにあるから美しいのです、

―ってコトが中学校の国語の授業(教科書)にでてきました。
  • Commented by そら。 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年04月07日(月) 16:26

[C81]

こういった哲学が大好きです。奇人?最高の褒め言葉だ。
春は桜が綺麗な反面、僕ら花粉症の人にとっては地獄の季節でもあります…僕は杉も白樺も檜も全部だから軽く逝っちゃいます、あは(汗

確かに、ニューヨークの摩天楼で見てもアレかもしれませんね…。

そういえば、今日桜吹雪を見ました。
うちの学校の前の小学校の桜が散って、前の道路に積もって、それが風で舞い上がる…。
そんな風景が5階の窓の外一面に広がっていました。
  • Commented by 花烏風月@管理人 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年04月07日(月) 17:16

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

滅びの美学

SN370015.jpg SN370014.jpg SN370017.jpg

4月3日、鶴舞公園へお花見に行ってきました。
ちなみに、"お花見"という名目で桜を見に行くのはこれが初めてでした。
もちろん、神社に咲いてる桜に目を奪われて立ち止まる、なーんてことはあったけどね。

神社に咲いてる桜で満足してた僕には、あのスケールは衝撃でしたよ。
あたり一面、桜の木なんですから。
桜吹雪、なんて幻想的なのでしょう。それまではドラマや小説の中でしか知らない風景でした。
…脱いだ靴やお弁当箱にも容赦なく積もるのは困りものですが(汗

お昼に手作りのお弁当を食べさせて頂きました。作者曰く「失敗した」そうですが、素朴な味でやっぱり美味しかったです。
それに比べ…僕の作った桜餅はorz
食紅を入れすぎまして(というかお湯に溶いて入れたら予想外に色が鮮やかに出て…)ね、ピンクどころか真っ赤になってしまったので、慌ててお湯追加して薄めたのが運の尽き
わらび餅のような水々しさとお粥のような硬さを持ち毒々しい赤色をした、桜餅とは似ても似つかぬ物体に…。
さすがに食べてはもらえませんでしたorz
(後日記:持ち帰ったこの物体ですが、冷蔵庫に放り込んだら多少"マシ"になったらしく、押しかけてきた友人が全部食べてくれました。よかったよかった。しかし...あんなもん7個も食った彼のお腹が心配です。まぁ彼の胃はオリハルコンでできてるから大丈夫か。)

鶴舞公園、鶴舞駅を出てすぐの街中にあるのに、、、ものすごく不思議な場所でした。
そのあと、四日市方面へ海蔵川の桜を見に行きました。
川沿いの道の両側に桜の木が植えてあり、さながら桜のトンネルのようでした。
ここに来た頃には既に夕暮れだったので、程なくして夜桜を見ることができました。
明かりに照らされぼんやりと浮かぶ桜...あの下で盃を交わしたらどんなに美味いことだろう。
花札なら5文の役よ...。

以上が桜に関するこの日の日記。他にも忘れられない出来事はあったけども、紙面の関係で、僕の胸にしまっておくとするよ。

そして、桜がなぜ美しいか、という考察に入ります。

桜の"命"は儚いもので、花を開き、春を告げるとやがて散って葉桜に変わってしまう。春の桜と意識されるのはその短い間だけです。
そう考えると桜吹雪は、散りゆく"命"の最期の輝きと見ることもできるかもしれません。
美しいのは死の直前。落ちた花びらはやがて土に還る、なんとなく切ないですよね。
美しく散るために彼らは、長い冬を耐え抜き、花を咲かせる。
僕は、滅びに美を見たいのではなく、滅び行く過程に美を見出したいのです。

僕らは、個人の意思とは関係なく、やがて訪れる"終わり"に向かって歩いている。
このへんは桜と同じ。

僕は美しく散ることができるのだろうか?
それとも、蕾のまま無様に朽ち果てるのだろうか?


さぁ、悔いなく美しく散るために今を生きよう。 花烏風月
スポンサーサイト
トラックバックURL 
【 http://elegantia.blog120.fc2.com/tb.php/29-fc543639 】

0件のトラックバック

2件のコメント

[C80]

ロマンチストですねぇ・w・
こちらでも桜満開ですよ。

桜は日本で見るから、
その背景とともにあるから美しいのです、

―ってコトが中学校の国語の授業(教科書)にでてきました。
  • Commented by そら。 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年04月07日(月) 16:26

[C81]

こういった哲学が大好きです。奇人?最高の褒め言葉だ。
春は桜が綺麗な反面、僕ら花粉症の人にとっては地獄の季節でもあります…僕は杉も白樺も檜も全部だから軽く逝っちゃいます、あは(汗

確かに、ニューヨークの摩天楼で見てもアレかもしれませんね…。

そういえば、今日桜吹雪を見ました。
うちの学校の前の小学校の桜が散って、前の道路に積もって、それが風で舞い上がる…。
そんな風景が5階の窓の外一面に広がっていました。
  • Commented by 花烏風月@管理人 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年04月07日(月) 17:16

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

花烏風月

名前:花烏風月
職業:魔法使い
年齢:18歳13ヶ月
状態:返事がない、ただの屍のようだ。
特技:痙攣打ち 12発/秒
表の趣味:ピアノ、手芸、オンラインゲーム
裏の趣味:ゲーセン

ステータス

dqStatusJPG2

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

メールフォーム


flash boreal kiss

連射力計測

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。