花烏風月の華麗なる雑記帳

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバックURL 
【 http://elegantia.blog120.fc2.com/tb.php/34-e531c05e 】

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

不可能の象徴

img54326008.jpg

It's a blue rose. ...そいつはできない相談だ。

BlueRose、つまり青い薔薇は、元来不可能の象徴として扱われてきました。
薔薇には様々な色がありますが、青はありません。何故なら、薔薇は本来青の色素を持ち合わせていないから。

というのは過去の話で、今は現実に存在します。バイオテクノロジーによる産物です。
科学技術の進歩はすばらしいことです。今後も不可能といわれた事象を可能にしていくことでしょう。

人間はいつでも、新しいモノを求め続ける。
まぁ、現状に満足した瞬間、滅びへの道を進むことになるわけで、当然といえば当然ですが。

僕は以前、実際に青い薔薇、ブルーヘブンを見たことがあります。
ですが、どことなく物悲しい印象を受けました。
自然の摂理を捻じ曲げて作り出された青い薔薇。品種としてはとても虚弱だそうです。

果たして薔薇は、青くなることを望んだのでしょうか?

そう考えると、憧れの青い薔薇を見ても素直に喜ぶことはできませんでした。
これが自然交配による産物だったらまた違ったかもしれませんが。

世の中に意味もなく存在しているモノなんてありゃしません。
逆に言えば、意味もなく存在しないモノもないはずです。
なぜ、神は薔薇に青い色を与えなかったのか。それはまさに神のみぞ知る…。



あ、断っておくけど、僕は別に科学技術が嫌いなわけじゃないよ。むしろ好きかな。
でも自然の神秘に介入すべきじゃない、とは考えてる。まぁSFの中でなら歓迎だけどね。
遺伝子を直接弄って作られたものは"人工物"であって"自然"ではないでしょう。

青い薔薇はいわば美術品であって、花が本来持つ美しさはない。

今はもう普通に買うことができるけど、ネットで見かける度にそう思うよ。
個人的には、不可能の象徴であり続けて欲しかったなぁ...。
スポンサーサイト
トラックバックURL 
【 http://elegantia.blog120.fc2.com/tb.php/34-e531c05e 】

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

花烏風月

名前:花烏風月
職業:魔法使い
年齢:18歳13ヶ月
状態:返事がない、ただの屍のようだ。
特技:痙攣打ち 12発/秒
表の趣味:ピアノ、手芸、オンラインゲーム
裏の趣味:ゲーセン

ステータス

dqStatusJPG2

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

メールフォーム


flash boreal kiss

連射力計測

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。