花烏風月の華麗なる雑記帳

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバックURL 
【 http://elegantia.blog120.fc2.com/tb.php/57-7708e916 】

-件のトラックバック

-件のコメント

[C125]

ガンホーガンホーガンホー!
  • Commented by みるるん 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年10月27日(月) 10:20

[C126]

がんほー・・・!
  • Commented by 花烏風月 [管理人] 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年10月30日(木) 01:45

[C130]

大変な遅レスですがご容赦ください・・

先ほど我がりぬぬ家において、危険度Aの害虫(巨大クモ)が発生いたしました。
少し取り乱してしまったのですが、こちらでかちょ様が書かれていた最終兵器(カップ麺カップ + ゴキジェット)を思い出しまして・・
あいにくカップ麺はなかったのですが、探してみると「お~いお茶2リットル」の容器の下半分で代用ができそうでしたので、
さっそく加工してヤツを捕獲! コックローチ注入!
その瞬間ペットボトルの側面を登っていたヤツがころっと床に落ちました!
その後ボトルの中にガスが充満していき、ヤツが動くなるまでに長い時間はかかりませんでした。

今かちょさまへの感謝の気持ちで一杯です・・・

  • Commented by りぬぬ 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年11月24日(月) 16:48

[C132]

アルビダンジョンから抜け出してきたんですね…!
スマッシュで強襲するわけにいかないのが辛いとこですよね。

しかしですね…
アシダカグモのような巨大クモは、対Gの生物兵器としても運用できるんですぜ!
数少ない天敵、しかも自律行動を行えるため、放置しておけばGを片っ端から排除してくれるのです。

まぁ…
唯一の欠点は彼自身の姿なのですが…。
  • Commented by 花烏風月 [管理人] 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年11月30日(日) 19:18

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

花烏戦記 ?逆襲のG?

[序章] ?奇襲?

僕は流し台に冷やかして置いた皿を洗おうと手に取った。
が、僕の第六感が危険を告げた。

…ヤツだ…!

皿の裏側に、ヤツは潜んでいた。あのまま気づかずに洗っていたらと思うとゾッとする…。
しかし、ヤツはまだ気づいていない。今が好機だ。
総員、第一級戦闘配備!急げ!!

[一章] ?キッチン・ウォーズ?

花烏 「オペレーター!ヤツの機体照合、急げ!」
助手 「黒い大型の機体、そして長いアンテナ、これは…「ブラックG」です!!」
花烏 「ふっ、ここは台所だ武器はいくらでもある。そしてヤツは足の遅いブラックG、勝利は我らにあり!」
助手 「艦長、武器は?」
花烏 「中性洗剤によってヤツの機動力は大幅に低下する。動きが鈍ったところに80℃の熱湯を浴びせるんだ!」
助手 「了解、ジョイ・キャノン発射します!」
花烏 「撃てーっ!」

助手 「ジョイ・キャノンはずれました!G、逃走を始めています!」
花烏 「くっ、流し台から出てしまってはジョイ・キャノンは使えない・・!オペレーター!ヤツの所在は?」
助手 「キッチン台の上の布巾に隠れています!」
花烏 「対G用決戦兵器を用意しろ!私が出る!」


[二章] ?台所の死闘?

決戦兵器を使うにはヤツを広い場所に誘導せねばならない。
間違ってもキッチン台の上でゴキジェット砲は使えまいて。
僕の描いたシナリオはこうだ。
布巾ごとヤツを床に落とす -> 驚いて布巾から飛び出す -> カップ麺の容器を被せてTheEnd.
我ながら完璧な作戦だ…!布巾を床に落とす、ここまではよかった。
ヤツは床に着地する前に飛び出した。一目散に冷蔵庫を目指している。

させるか…!

バシッ!!
カップ麺は確実にヤツを捕らえた…。しかし、容器の縁がヤツにクリティカルヒットしたようだ。

…即ち、Gのパーツが床に散らばってしまった…orz
これにより、浄化作業は長引いてしまったが、人類の敵を一機葬ることができたからよしとする…。
だが、平和は遠すぎた…。
翌日、またしてもGが出現。一体どこから…。断っておくが、花烏家は小奇麗に片付いている。しかも、出現地点は…僕の部屋だと!?


[三章] ?新型G 来襲?

初めて対峙する機体…アレは…ブラウンウイングGか!
鈍足のブラックGとは異なる、高機動タイプのG。しかも、異様な速度で増殖する厄介な敵。まさかコイツまで…。
「Gを1匹見たら50匹いると思え」
この言葉の所以は他ならぬコイツである。
しかも、出現したのは天井に程近い壁…。
平面ではないため例の決戦兵器は使えない。
一撃必殺、ハエ叩き!という手もあるが、壁に染みをつけるわけにはいかない。
くっ、厄介なヤツだな君は…!

悩んだ末、無理を承知で決戦兵器を導入することに決定。いざ勝負。

バシッ…(捕らえた!
しかし、カップ麺と壁の僅かな隙間からヤツは脱出。そのまま逃走を始める。
慌てて追撃を入れるも、回避され、床に落下…シグナル・ロスト

…一晩寝ずに捜索するも発見できず…。
敗北を喫してしまった。


[四章] 大量破壊兵器

ついに最後の手段。
毒ガス兵器 バルサン・スモークによって壊滅させることにした。
1.5kの手痛い出費…だが、背に腹は替えれまい…。
煙たい部屋…だが、先日のブラウンウイングを仕留めることには成功した。


[終章]

僕から1つ提案がある。集団をまとめる為に仮想敵が必要ならば、一致団結してGに立ち向かおうじゃないか。これで世界平和は実現する…!

スポンサーサイト
トラックバックURL 
【 http://elegantia.blog120.fc2.com/tb.php/57-7708e916 】

0件のトラックバック

4件のコメント

[C125]

ガンホーガンホーガンホー!
  • Commented by みるるん 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年10月27日(月) 10:20

[C126]

がんほー・・・!
  • Commented by 花烏風月 [管理人] 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年10月30日(木) 01:45

[C130]

大変な遅レスですがご容赦ください・・

先ほど我がりぬぬ家において、危険度Aの害虫(巨大クモ)が発生いたしました。
少し取り乱してしまったのですが、こちらでかちょ様が書かれていた最終兵器(カップ麺カップ + ゴキジェット)を思い出しまして・・
あいにくカップ麺はなかったのですが、探してみると「お~いお茶2リットル」の容器の下半分で代用ができそうでしたので、
さっそく加工してヤツを捕獲! コックローチ注入!
その瞬間ペットボトルの側面を登っていたヤツがころっと床に落ちました!
その後ボトルの中にガスが充満していき、ヤツが動くなるまでに長い時間はかかりませんでした。

今かちょさまへの感謝の気持ちで一杯です・・・

  • Commented by りぬぬ 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年11月24日(月) 16:48

[C132]

アルビダンジョンから抜け出してきたんですね…!
スマッシュで強襲するわけにいかないのが辛いとこですよね。

しかしですね…
アシダカグモのような巨大クモは、対Gの生物兵器としても運用できるんですぜ!
数少ない天敵、しかも自律行動を行えるため、放置しておけばGを片っ端から排除してくれるのです。

まぁ…
唯一の欠点は彼自身の姿なのですが…。
  • Commented by 花烏風月 [管理人] 
  • 【URL】 
  • 編集 
  • 2008年11月30日(日) 19:18

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

花烏風月

名前:花烏風月
職業:魔法使い
年齢:18歳13ヶ月
状態:返事がない、ただの屍のようだ。
特技:痙攣打ち 12発/秒
表の趣味:ピアノ、手芸、オンラインゲーム
裏の趣味:ゲーセン

ステータス

dqStatusJPG2

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

メールフォーム


flash boreal kiss

連射力計測

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。